So-net無料ブログ作成
- | 次の10件

この時期に思う事 [日記]

いつもこの時期に思うことは核の功罪についてだ
核廃絶を訴えるのも自由だが、安全保障はどうするつもりだ?
いつも思うことはこれだ
確かに核兵器廃絶は夢だろう
唯一の核被爆国の日本が訴えるのもわかる(限られた人たちと言うのが事実だが)
被爆者の声も理解できる
だがしかし、そこには安全保障と言う観点がすっぽりと抜けている気がしてならない
要するに感情論にしか見えないのだ
核兵器禁止条約も一定の理解はできるが
核保有国が参加しない核兵器禁止条約にどれほどの説得力があるだろうか?
核兵器禁止条約があっても尚、核兵器開発を進める国と保有国が増えたのが現実だ
保有国による核不拡散条約にしても同じ有様だ
日本が核兵器禁止条約に不参加なのは安全保障の観点から言えば当然だろう
長い間 核の傘のもとに発展し安全が保たれているのが現実だし核兵器保有国がすぐそばにあり
しかも いつ使うかわからないような国が保有しているのだ
核廃絶 世界平和を唱えたところで使用する側は使用するのは歴史が証明している
更に言うなら西側の核廃絶運動推進を切に願ってるのは東側の核保有国だろう
核戦力において絶対的な優位に立てるのだから

ついでに言うならばICBMの問題もそうだ
グアムに向けて4発発射すると息まいている北朝鮮
当然だが日本上空を通過する迎撃するかどうかは微妙だが
島根県 広島県 高知県の上空を通過することを公表している
一応 日本海にイージス艦及び陸上にはPAC3を展開しているがイージス艦に装備されているSM-3はともかくとして
PAC3では日本上空のICBMの迎撃は不可能だ射程圏内のはるか上空を通過するのだ
日本に落下の危険性がある場合のみPAC3の出番になる
PAC3の展開はこのような不測の事態に対処する為のものだろう
何度でも言うが憲法9条では日本を守ることが出来ない

9条と話し合いで日本を守ると豪語する共産党をはじめとする野党の皆さん方や活動家の皆さんは今この時こそが活躍の場だろうと思うが何故か声が聞こえてこない
マスコミの皆さんもさほどICBMの話には興味がなさそうだ
カケモリの話題や日報の話題を中心に話題にしてるようだしな

核の話にしても今回のICBMの件も 今だからこそ現実的な安全保障について考える時だと思うが・・・

nice!(1)  コメント(2) 

最悪だ [日記]

趣味でギターをやってるんだがそれを保管していた倉庫が荒らされて根こそぎ盗難にあった
空調とセキュリティには気を使っていたんだが
ギター7本 アンプ3台 その他エフェクター等
盗難届は出したものの出てくるかどうか・・・
それなりに金と時間をかけたものばかりだったので愛着と言うか
自分にとって拠り所みたいなものなので絶望的な心境だ

もう何も言えん

こんだけ早けりゃ文句ないだろ [日記]

フレッツ光の回線をプレミアムから隼に変更しろと少し前に来たので変更してみた
ただ、自分の場合はネット回線のみの契約なのでルーターが付いてこないらしい
料金は据え置きだがONUのみなので別途レンタルするか自前で用意するしかない
レンタルするのも馬鹿らしいので自前で用意した
Buffalo製WSR-1166DHP2
安くなっていてそれなりに使えるようだ
無線Lan親機も買い替え時期に来ていたので安物だがまぁ良しとしよう
LanケーブルもCategory5からCategory6へ全て新調した
一部はCategory7も使っている
速度の測定をやってみた結果がこんな感じでそこそこの速度が出ていることが判明
一応Gbitを謳ってるのだからこのぐらいは出てほしい
プロバイダはSo‐netを使っている
プロバイダによって速度が変わるのだが早い方ではないかと思う
ダウンロード等も体感的にも早くなってるので良いだろう

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.6001
測定日時: 2017/06/05 08:14:01
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 330.93Mbps (41.35MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 589.42Mbps (73.68MB/sec)
推定転送速度: 589.42Mbps (73.68MB/sec)


日本国憲法70年 [日記]

日本国の現憲法が制定されて70年だそうだ。
現状と照らし合わせて、現行憲法ではどうにもならない部分も多々ある。
そろそろ、限界がきている憲法を、時代に合わせて改正する必要があると思うのだ。

憲法は時代と共に変わるべきもので、事実上、解釈と言う形で変えてきた。
要は矛盾が生じているのだ。
矛盾したまま、どうにでも取れるような憲法を、この際明確にすべき時が来たのではないかと思う。
自衛するため、戦力の保持及び武力行使が可能とするのが、現状の解釈である。
ただ、あくまでも解釈上の事であり、彼らの解釈で、戦力の保持及び武力行も憲法に違反するとして、反対する輩の存在があるのも事実だ。
侵略戦争を認めないのは、当たり前の話だが、武力による自衛権の行使すら認めようとしないのはいかがなものか。
自衛隊反対 自衛戦争放棄を声高に叫んでいる共産党などの左翼政党や活動家がいい例ではないか。
共産党などは、現状では、自衛隊の存続を認めると言っているが、将来的には廃止すると明言している。
その為に、外交努力云々と言っているのだが、外交努力でどうとでもならないのが現状だし、当の共産党が外交努力とやらで、竹島の問題や尖閣諸島・北方領土の問題を、進展させたことがあっただろうか。
左翼政党然り、左翼活動家然り。

戦争と言うのは日本だけでやるのではない、相手国があって初めて成り立つのだ。
9条があるから、日本は戦争を放棄すると言ったところで、戦争は日本を放棄してくれるわけでもないし、侵略を試みる敵国も然りである。

であれば、侵略戦争の放棄と、武力による自衛権の行使及び自衛の為の戦力の保持を明確に記すべきであろう。
これを明記することを、頑なに拒む理由などないはずだ。
何故か、曖昧な現行憲法を変えようとしない勢力が居るのは、明らかに別の意図があるからではないかと勘繰ってしまうのだ。
読み方や解釈によっては、自衛のための戦力の保持 武力による自衛権の行使すら認めていない様にも見える、非武装地帯を占領するのは、軍事力を以てすれば、容易いのが現実なのだから。

今まで、日本が戦争に巻き込まれなかったのは、日米安保条約と核の傘の下に居たからで、9条があったからと言うわけではない。
お題目や念仏唱えていれば、誰が見ても幸せと言う状態になれるわけもあるまい。
別な意味で「お前は幸せだな」と言われるかもしれないが・・・
日本が下手に武力や軍事同盟を放棄して、極東アジアのミリタリーバランスを崩す方が、戦争に巻き込まれる確率が高くなる。
と言うか、侵略対象になるという方が正しいだろう。
同盟国とされている韓国でさえ、国際的な合意を破棄する等と言っているのだ、同種の民族の明らかに敵対している国家やそれを支援するような国家が、日本の都合で侵略しないなどありえないだろう。
どちらの国も、軍事力の増強に血道をあげているのだから。

桜折る馬鹿 梅折らぬ馬鹿

桜の季節だ
さて、桜折る馬鹿 梅折らぬ馬鹿という言葉がある。
桜のイメージは、日本、梅のイメージは中国と私自身は感じる。
何が言いたいかと言うと
桜折る馬鹿 極左政党の民進党や共産党 左翼活動家 左翼自称識者 左翼マスコミとなるが、梅折らぬ馬鹿も同じ輩である。

桜を見ていて、ふとそんな事を思う今日この頃。

まぁ、色々とあるわな・・・

アメリカが、シリアに対して軍事的介入を行った。
シリアのシャイラト空軍基地を標的に、アメリカ海軍駆逐艦ポーターとロスから59発の巡航ミサイルを発射。
標的は、戦闘機、強化格納庫、石油貯蔵施設、物流倉庫、弾薬庫や掩蔽壕、対空防衛システム、レーダーと国防総省(ペンタゴン)報道官ジェフ・デイビス大佐が説明した。
アメリカ・ロシア・シリア政府および反政府勢力の今後の動きには注意しなければならないが、あまり大きな動きは見られないかもしれない。

「米軍のシリアへのミサイル攻撃が6日、米中首脳の夕食会とほぼ同時に行われた」
日本にとって重要なのはこっちになる。
中国・北朝鮮に対して、苛立ちを見せているアメリカのデモンストレーションの一つなのだろう。

その中国はと言うと
訪米に先立ち、習氏は「主権や領土、核心的利益の相互尊重」を表明。
訪米を前に北朝鮮に対する強硬手段への難色を米側に示唆した形となっていた。
今回の攻撃により、仮に緊急の必要から北朝鮮問題で一定の合意が形成されても、東・南シナ海で米の「干渉排除」を狙う軍備強化に確信を深めたはずだ。
しかも、中国共産党大会を控え、習氏は米への弱腰を国内には見せられない。
もともと強硬論の強い軍部も対米硬化を深めることは確実であり、中国の軍拡はさらに強まることが必至だ。
しかし、中国が対米軍事行動に耐えられるだけの軍事的な能力を持っているかどうかは、甚だ怪しい部分がある。
確かに、核搭載の大陸間弾道弾を持ってはいるが、おいそれと使うことができない。
通常兵力での戦いを余儀なくされた場合、中国人民軍の圧倒的不利は明白だ。
しかも、海上兵力となれば歴然とした格差がある。
中国海軍は、遼寧をはじめとする空母の実戦運用の経験がない。
そもそも、空母を基幹とする機動艦隊の実戦運用の経験が皆無の中国海軍と、経験豊富なアメリカ海軍では運用に雲泥の差が出る。
艦載機のJ‐15はエンジン出力や品質の問題を抱えており、実戦での運用に期待できない。
中国製イージスの性能も、アメリカ製のそれに比べて、劣っている。
電子戦の優劣は致命的な戦力の優劣になる。
これでは、航空攻撃どころか艦隊の防空に支障が出るのは明白であり、エアカバーの出来ない艦隊が勝つことなどできないのは歴史が証明している。
このように、機動艦隊の運用以前の問題を抱えており、海上兵力に至っては中国海軍は張子の虎以下の存在。
潜水艦の運用の問題もあるが、これに関しても、優位性は西側(あえて西側と言うが)にある。
対潜戦闘に関しても優位性はゆるぎないだろうが、まったく犠牲が出ないほど有利かどうかは未知数だ。

航空兵力に至っても、中国製(ロシア製の劣化コピー)やどこぞから盗んできたパクリ(側だけで中身が伴ってない)の軍用機では品質的と言うか戦力的に問題がありすぎる。
通常兵力では、空海両軍の軍事的な優位性はアメリカにしかない。
中国陸軍お得意の人海戦術は空と海では何ら役に立たないのだ。

とまぁ、軍事的な方面から見ればこうなるのではないだろうか。
政治的にどうなるかはわからないが、軍事的な背景も政治決断には重要な一因であり、無視できないはずだ。

日本も他人事では無いどころか当事者なんですが、民進党や共産党などの野党の皆さんがねぇ・・・

さて、一言国内についても
今回のシリアに関する報道や米中首脳会談で、更に民進党の議員を報道しない自由の選択ができるようになりました。
最近の流行だと、こう言うのはマスコミの民進党議員に対する忖度になるんですかね。
これ、自民党やそれに近い政党がやったらマスコミは馬鹿みたいに大騒ぎするんでしょ?
現に些細な問題をずいぶんと大袈裟に且つ長くやってましたし。

例の問題に関しては、一部マスコミに対し民進党が辻本清美(前科一犯)議員に対する報道規制をしようと脅しや恫喝をやってまで隠してますね。
結果的には、逆に拡散する羽目になったようですが。
民主党政権時代と言い、今と言い報道統制や言論統制が好きな人たちだよなぁ。

あーしまった 名前出しちゃった(棒)

もういい加減飽きた [日記]

野党とマスコミの森友追求はいい加減飽きてきた
もっとも、追求と称して審議妨害するのが目的なのだから、更に質が悪い。
予算審議の時にも、森友の話ばかりじゃないかと、TV番組中に突っ込まれた民進党の議員曰く。
重要な予算審議は他でやってるのだそうだ。
他でやってるという事は、審議の内容が可視化されていないという事である。
政治の透明性とやらを、声高に喚いていたのも、国会運営の妨害でしかなかった、という事なのだろうと改めて感じた。
国民はTVで健全な国会運営が見たいのだ。
つまらんマスコミ向けの猿芝居など見たくもないのである。

何を思ったか、野党はこれほど与党御追及してるのにも関わらず、支持率が上がらないのが不思議なのだそうだ。
安倍首相が辞めたところで、支持率は上がらんだろう。
国民は、民主党政権時に学んだのである、

では、野党もマスコミも何を必死になってるかというと、共謀罪の法整備なのではないだろうか。
共謀罪に関する法整備が整うと、野党も左翼系マスコミも致命的な不都合があるようで、兎に角、共謀罪に関しては形振り構っていられないのだろう。
某TV番組に出ていた元女子アナの話を聞いたが、共謀罪の何たるかを理解していないのか、余程の不都合があって恍けてるのか知らんが、頓珍漢な事を言って反対していた。
どうあれ、反対するなら、もう少しまともな事を言えんのだろうか?

更に言うなら、北朝鮮の弾道ミサイル発射は国民の生命財産を危険に晒す重大事項なのだが。それすら扱おうとしない。
マスコミに至っては、アリバイ作り程度の報道をして後はダンマリだ。
金正男の殺害を見ても北朝鮮が、不穏な動きをしているのは想像するのは容易い。


正直言えば、傀儡野党や馬鹿な野党や、ジャーナリズムと称した、イデオロギー優先の作文や三文芝居はいらんのだ。

寝言は寝て言え [日記]

なんとも彼の国が、「われわれ式の先制的特殊作戦で、無慈悲に粉砕するというわが軍の立場を布告する」などと言い出した。
 米軍は、朝鮮半島有事に備え、実施中の米韓合同演習に海軍のSEALS(シールズ)をはじめとした特殊部隊を過去最大規模で投入したとされる。
シールズは2011年、国際テロ組織アルカーイダの指導者だったウサマ・ビンラーディン容疑者の殺害を担ったことで知られる。
これに呼応しての警告らしいが、まぁ、彼の国の将軍様が事を起こしたら、あの国は無くなってしまうでしょうね。
寝言は寝て言え と言うしかないですね。

ただ、似たり寄ったりのお隣の中共がどう動くかは甚だ心配ではありますけどね。

早速きな臭い話

さて、民間防衛と言うのはご存じだろうか。
度々この話が出てくると思うので最初から出しておく。
私が言う民間防衛というのはスイス政府が発行する民間防衛である。
多くのことをここから学ぶことができるので、興味のある方は一読されることをお勧めする。
昨今の国内では某政党やマスコミ 活動家 有識者と称する者達が現政府与党を何かと批判しているが、こう言う事だとも解釈できるので民間防衛から抜粋してみる。

民間防衛にはこうある
敵は同調者を求めている

 ヨーロッパ征服を夢みる、ある国家の元首が、小さなスイスを武器で従わせるのは無駄だと判断することは、だれにも納得できる話である。単なる宣伝の力だけでスイスをいわゆる「新秩序」の下に置くことができると思われるときに、少しばかりの成果をあげるために軍隊を動かしてみたところで、何の役に立つだろうか。
国を内部から崩壊させるための活動は、スパイと新秩序のイデオロギーを信奉する者の秘密地下組織をつくることから始まる。この地下組織は、最も活動的で、かつ、危険なメンバーを、国の政治上層部に潜り込ませるようとするのである。彼らの餌食となって利用される「革新者」や「進歩主義者」なるものは、新しいものを待つ構えだけはあるが社会生活の具体的問題の解決には不慣れな知識階級の中から、目をつけられて引き入れられることが、よくあるもんだということを忘れてはならない。
 数多くの組織が、巧みに偽装して、社会的進歩とか、正義、すべての人人の福祉の追求、平和という口実のものに、いわゆる「新秩序」の思想を少しずつ宣伝していく。この「新秩序」は、すべての社会的不平等に終止符を打つとか、世界を地上の楽園に変えるとか、文化的な仕事を重んじるとか、 知識階級の耳に入りやすい美辞麗句を用いて・・・・・。
不満な者、欺かれた者、弱い者、理解されない者、落伍した者、こういう人たちは、すべて、このような美しいことばが気に入るに違いない。ジャーナリスト、作家、教授たちを引き入れることは、秘密組織にとって重要なことである。彼らの言動は、せっかちに黄金時代を夢見る青年たちに対して、特に効果的であり、影響力が強いから。
 また、これらのインテリたちは、ほんとうに非合法な激しい活動はすべて避けるから、ますます多くの同調者を引きつけるに違いない。彼らの活動は、”表現の自由”の名のもとに行われるのだ。

そしてこうもある
敵は同調者を求めている

わが党の結成は、大した評価をうけなかったが、これはわれわれに有利であった。事実、わが党結成の重要性は、最初の参加者が限られていたという面からのみ評価された。このような単純な考え方は、われわれの目的に役立つものである。
われわれは、われわれの目的とする幾人かの知識人を仲間に引き入れることができた。その中の一人であるX教授は、国家的名声を持ち、われわれの活動が都合よく運ぶのに役立つ権威を持っている学者である。
全体として、この国の国民は、福祉政策によって眠らされており、彼らの伝統的制度が、他のあらゆる形の体制に優越するものであることを確信しているので、われわれが恐れていたような反応は全くない。われわれの組織は順調に活動している。
われわれは、新党の党首にJ氏を据えた。彼は頭脳明晰、かつ、活動家であるが、野心に取りつかれ、非常に金を欲しがっている。彼の属していた保守党は、彼に微かな希望しか与えなかったので、じっと控え室で自分の出番を待つ代わりに、彼はついに性急な道を選んだのだ。彼は、仲間からは決定的に排斥されてしまったので、今や、成功するためならどんなことでもするだろう。
それ故、われわれの活動は順調に進んでいる。

さらに
敵は同調者を求めている

わが党の結成は、大した評価をうけなかったが、これはわれわれに有利であった。事実、わが党結成の重要性は、最初の参加者が限られていたという面からのみ評価された。このような単純な考え方は、われわれの目的に役立つものである。
われわれは、われわれの目的とする幾人かの知識人を仲間に引き入れることができた。その中の一人であるX教授は、国家的名声を持ち、われわれの活動が都合よく運ぶのに役立つ権威を持っている学者である。
全体として、この国の国民は、福祉政策によって眠らされており、彼らの伝統的制度が、他のあらゆる形の体制に優越するものであることを確信しているので、われわれが恐れていたような反応は全くない。われわれの組織は順調に活動している。
われわれは、新党の党首にJ氏を据えた。彼は頭脳明晰、かつ、活動家であるが、野心に取りつかれ、非常に金を欲しがっている。彼の属していた保守党は、彼に微かな希望しか与えなかったので、じっと控え室で自分の出番を待つ代わりに、彼はついに性急な道を選んだのだ。彼は、仲間からは決定的に排斥されてしまったので、今や、成功するためならどんなことでもするだろう。
それ故、われわれの活動は順調に進んでいる。

社会進歩党は国を裏切るだろうか

 社会進歩党は、その活動を禁じられてはいない。われわれの民主主義が、禁ずることを欲しないのである。思想の自由、結社の自由は、わが憲法によって認められている。全体主義国にはこのような寛容さは全然ない。全体主義国は、知識人、学者、芸術家を監視し、必要に応じて刑務所に入れる。いずれにしろ、公のイデオロギーに反する思想は一切発表させないのだ。
 われわれには同じやり方はできない。ただ、いわゆる“自由”と呼ばれるものが、いつ、国を裏切る端緒となるかを知る必要がある。”自由”には、その恐れがある。
 われわれの国家と制度に対する客観的な批判は必要である。その批判によっていろいろな改革がもたらされ、公共の福祉を重んずるわが国の制度が改善されるから。しかし、それが必要だとしても、その批判が組織的な中傷になれば、忌まわしい結果を招き、また、われわれの防衛潜在力を弱めることにもなりかねないのである。
 民主的自由の伝統に反するイデオロギーをわが国に導入しようとする者は、国の利益に反する行動をしているのだ。
 しかしながら、今のところ社会進歩党は、疑わしくはあるが、決定的な反国家的活動の証拠を見せているわけではない。
(ここに出てくる社会進歩党は敵国の支援政党だと思ってください)

今の日本のマスコミ 教授や有識者と称する者達 某学生運動家達 市民活動家 某政党やその政党の議員達に当てはめてみてば見えてくるのではないかと思う。

今ここで、私がどうこうすれば良い、と言う事には言及しない。
ただ、あなたがどう考えるか、そしてどう行動すべきか、ということ考えるべきなのだ。
そして、大事なのは自分の身は自分で守るということ。

今日から始める [日記]

今日から始めてみる
更新は不定期
ジャンルも都度変わる
正直、オッサンの戯言
- | 次の10件